2010年10月22日

1に感謝、2に感謝、3にも感謝で今日も生きる

感謝ができる人間になれ!とよく親に怒られたもの。

やはり年を食えば食うほど、この感謝という言葉が大事なのがわかってくる。

言葉ではいくらでも感謝なんていえるが、心のそこから感謝するって難しいことです。

感謝ができないと、単純に理解できることは、忘れてしまうことである。

ココロから感謝することで、記憶にもその事柄が刻まれる。



感謝をするときは、どういうときか?

・自分にとって嫌なことがあったときに、解決してくれる人に対して。
・自分の知識にないことを、教えてくれる人に対して。
・感動を生むようなことをしてくれた人に対して。

などですか。あげればきりがないですね。

明日もあさっても感謝をできる人間になるべく、今日も自分を磨く。

本日は以上です。

posted by ムーミン at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。